恋愛

【大学生の恋愛】毎月の交際記念日を祝わない理由

(Photo by freestocks on Unsplash)

みなさんは、パートナーの方と毎月の交際記念日をお祝いしていらっしゃいますか?

毎月の交際記念日は一緒に過ごす!と決めていたり、メッセージを送り合ったりしている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

わたしにはお付き合いしているボーイフレンドがいるのですが、毎月の交際記念日を祝ったことがありません。

それどころか、

わたし:「あれ?付き合って何ヶ月経つんだっけ?」

ボーイフレンド:「えーっと・・・」

みたいな感じで、ふたりともすぐに交際年月が出てきません。

わたしの場合、話題になるたびに毎回指を折って数えています。

今回は、なぜわたし(も含めてボーイフレンドも)が毎月の交際記念日をお祝いしないのか、理由をいろいろと考えてみました。

祝わない理由

覚えていない

一番の理由はこれです。覚えていないから。笑

交際を開始した記念日は、お互いもちろん覚えています。

が、毎月の記念日(月記念日?月1記念日?とでも呼ぶのでしょうか)は、カレンダーに記録してもいなければ、毎月意識して過ごしているわけでもないので、いつの間にか過ぎ去っていきます。

毎月の交際記念日に「今日は付き合って〇ヶ月だ!」と思い出したことがあるのは、多分1回あるかないかぐらいのレベルです。

面倒くさい

もし仮に覚えていたとしても、だからと言って、特別に会ったり、祝ったり、メッセージや電話をしたりすることは、これからもきっとないと思います。

なぜなら面倒くさいからです。

こんなことを言うと、「あなた、ボーイフレンドのこと好きじゃないの?」という質問が飛んできそうですが、質問に対する答えは「まさか、大好きに決まってるじゃん」の一択のみ。

なんというか・・・これはもうただ単に性格の問題だと思うのですが、わたしには自分ごとの記念日やイベントを祝いたい!という気持ちが元々あまりありません(友だち等、誰かの誕生日を祝うのは大好きです)。

自分の誕生日でさえ、予定が空いていればケーキを買ってもいいかなーと思うぐらいです。

誕生日にバイトやテストシーズンだったりすると、じゃあまた後日、バイトがなくてテストもない日にケーキを買いに行けばいいか、ちょっとお金にゆとりができて、必要なもの・欲しいものがあればすきま時間にネットでポチるかー、ぐらいの気持ちです。

その時必要なものがなければ、本を沢山買うかー(本はいつでも欲しいし無限に選べるので)と誕生日シーズンは思いながら、毎年年を重ねています。

クリスマスも、予定がなければ会ってケーキでも食べれたらいいね〜ぐらいで、プレゼントもいらない派です。

去年のクリスマスシーズンは、バイトで会えない予定でしたが、たまたまバイトが休みになっていたイブの日に、サークル活動時間前のすきま時間で一緒に手作りケーキを作ることができました。

ボーイフレンドに欲しいものを聞くと「毎回何かしら奢ったりもらったりしているのでいらない」とのことだったので、プレゼントはあげていませんし、わたしももらっていません。

自分の誕生日もクリスマスもそのぐらいのゆる〜い心意気なので、もしも毎月の記念日にボーイフレンドと祝うとなると、わたしにとっては面倒くさいイメージしかありません。

恋愛が最優先事項ではない

お互い大学生なので、それぞれの大学生活だったり、勉強、サークル活動、バイト、友だち付き合い、趣味など、恋愛以外にもやるべきこと、やりたいことが沢山あります。

忙しい中でお互いすきま時間を見つけては、会う時間を作り、一緒に料理をしたり、ゲームをしたり、遊びに行ったり、ドライブしたり、勉強したり、お泊まりしたりしているわけです。

恋愛を軸に他の予定を決めているのではなく、早く会いたいから早めに課題やテスト勉強をを終わらせて、時間を空けています。

恋愛じゃない他のこと(=大学生活、勉強、サークル活動、バイトなどなど)が軸で、その予定がなくて空いている時間が合えば会う、というのがふたりの基本スタンスなので、恋愛が最優先事項ではないんですね。

毎月の交際記念日に時間があるかと問われれば、サークル活動もバイトも課題もあるのに、わざわざ毎月の記念日に時間をとるなんて無理!となることがわかりきっています。

そもそもあまり連絡を取らない

毎月の記念日に会わなくても、LINEでやり取りしたり、ちょっとした電話をしている方もいらっしゃるようです。

また、お付き合いしている方の中には、毎日LINEでやり取りをしたり、「おはよう♡」から「おやすみ♡」までやり取りをしている方もいるとか。

が、しかし、わたしもボーイフレンドもそもそもあまりLINEをしませんし、電話もしません。

多くても、一日一言ずつ返すぐらいです。

LINEや電話をするのは、会う予定を決める時、会う直前にもうすぐ着くor遅くなる連絡をするときぐらいです。

話したい内容があれば、突然写真を送って「見て、こんなのがあったよ!」なんて報告するときもたま〜にはあるのですが、会って直接話したいことがほとんどなので、LINEや電話は基本的に事務連絡(◯日なら空いてる、バイト終わって今向かってる、ちょっと遅れる、今着いて待ってる・・・などなど)のツールとして愛用しています。

だから、毎月の記念日にLINEで「今日は交際して◯ヶ月たつね〜♡」というような、お祝いすることはこの先もきっとないと思います。

なぜこの記事を書こうと思ったのか

高校の部活の同期との飲み会にて、「交際記念日を祝うか?祝わないか?」「クリスマスプレゼントをパートナーにあげるか?あげないか?」で話題になったことがきっかけで、この記事を書こうと思いました。

わたしと同じように、連絡は会う予定を決めるときにしか使わないので特に祝うこともない、という同期もいれば、毎月の交際記念日は必ずふたりで会ってかんたんに祝う、という同期もいて、人それぞれだなぁと思ったことがきっかけです。

わたしにとっては、一年に一度だけならまだしも、毎月交際記念を祝うなんて面倒くさい以外のなんでもないと思っていました。

が、ググってみると、毎月祝っている方々や、祝うことに面倒くささを感じている方からの知恵袋への相談など、思った以上に沢山の検索結果がヒットして、興味深いテーマだなぁと思った次第です。

正直、毎月祝っても祝わなくてもどっちでもいいと思うのですが、どちらかの一方的な気持ちだけで決めることのないように、お互いがどうしたいか、話し合って決めることが大切だと思っています。

恋愛している方、したい方のみんなが幸せで、楽しい恋愛ができるといいな〜なんて願う今日この頃です。

にほんブログ村に参加中です。

いつもポチッとありがとうございます。

読んでて面白いブログが沢山あるので、ぜひ覗いてみてください。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA